banner

飲食業の求人の面接のポイント

飲食業界の求人においての面接を受けるにあたってプラスとなるポイントをお教えさせて頂きます。
面接を受ける飲食店の、好きな商品や好きな点を聞かれた際に答えられるようにする。
チェーン展開をしているお店であれば数店舗足を運びリサーチするのもオススメです。
お店の何処が良かったか・どの商品が好きで何故その商品が好きなのかなど答えられると好印象となります。会社によっては希望する求人以外の業態も行っている会社があります。
知識としてネットなどで調べておき質疑応答や雑談の機会があり話題に出す事が出来れば、応募への意欲を感じて貰えます。
清潔感のある髪型と爪は必ず切る事。
アルバイトの面接であってもスーツで面接に挑むのは好印象です。
近年、髪の色に関しましては、黒と言い切る飲食業界も減ってきてはいますが、お店によっての規定は必ずあります。商品リサーチに店舗へ赴いた際に、スタッフの髪色をチェックするのも良い手だと思います。
どうしてもリサーチに赴けない場合はネットなどでその会社のホームページなどを確認し店舗展開されている場所などを確認して下さい。百貨店やデパートに店舗のある企業であった場合は、黒もしくは落ち着いた茶色にする事をオススメします。求人の出された面接のみならず出店している場所の面接も行われる可能性が非常に高いためより清潔感は求められます。
ひとまずは落ち着いた髪色でロングの方は一つに束ねるなど清潔感のあるようにして下さい。
爪はトップコートなども厳禁です。食品を扱う意識がある事をアピールするためにも爪は短く切りネールなどはしないで下さい。
面接官の目を見て笑顔でハキハキと話す事。
飲食業界は必ずお客様を関わる職務となります。そのため面接の際も下を見たり落ち着き無く周りを見回したりするのでは無く面接官の目を見て、質問にハキハキと質疑応答して下さい。答えられない事があった場合も、解らない旨は伝えその上で質問すれば良い印象を受けます。
清潔感はもちろん、応募した飲食店の商品についても知識を得てから面接に挑むことをお勧めします。また、飲食業界の求人では清潔感と明るくハキハキした態度を最も重要視する傾向にあります。

what's new

Copyright(C)2013 飲食業のHOW TO お答えします All Rights Reserved.